レコード評議会

お気に入りのレコードについてのあれこれ

Senses Working Overtime / XTC【UK盤】

前回の記事はXTC最高傑作イングリッシュ・セトルメント」だった訳だが、そのアルバムからシングルカットされたものを採り上げよう。

 

ということで、今回の「レコード評議会」はこれ。

 

 

XTC

Senses Working Overtime

UK盤(1982年)

Virgin

VS462-12

Side1:VS-462-12 A1 TOWNHOUSE ⊂⊃ ᐱ

Side2:VS 462-12 B1 TOWNHOUSE ⊂⊃ ᐱ


f:id:Custerdome:20240703201330j:image

f:id:Custerdome:20240703201327j:image

f:id:Custerdome:20240703201342j:image

f:id:Custerdome:20240703201346j:image

A1. Senses Working Overtime

A2. Egyptian Solution(Homo Safari Series No. 3)

B1. Blame The Weather

B2. Tissue Tigers(The Arguers)

 

 

"Senses Working Overtime"の12インチシングル。

 

イングリッシュ・セトルメント」のリリース日が1982年2月12日なのに対して、シングルはアルバムに先行して1月8日にリリースされている。リードシングル(先行シングル)というやつだ。

 

7インチは"Senses Working Overtime"と"Blame The Weather"と"Tissue Tigers (The Arguers)"のカップリングだが、この12インチは"Egyptian Solution"が追加収録されている。

 

このシングルは、UKチャート10位XTCとしては最大のヒットとなった。

 

 

従来同様、勝手な印象を含めて、各曲を紹介しよう。

   A:アンディ・パートリッジ作曲

   C:コリン・モールディング作曲

  ⭐️の数:個人的に好きな度合い(最高で⭐️5つ)

 

 

A1. Senses Working Overtime (A)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

前回の記事に書いた通り、名曲中の名曲だ。

アコギ、12弦ギター、ベース、ドラムという編成のアコースティックな音作り。

様々な展開を見せるが、メロディが良く、流れも自然なので、複雑な感じは全くしない。

メロディ、曲展開、アレンジ、どれも素晴らしく、名曲中の名曲。XTCの中で一番好きな曲。

なお、マンフレッド・マンの"5-4-3-2-1" (1964)を参考に作ったとアンディは言っているらしいが、別に似ていない。

名曲中の名曲が12インチ&45回転という密度の濃い音で聴けるのは大きい。

 

A2. Egyptian Solution(Homo Safari Series No. 3)(A) 

                      ⭐️⭐️⭐️

もろにデモ音源。

ずっと同じリズムとリフの繰り返し。

ホワイト・ファンク(?)と言ったら良いのだろうか?

音が良いこともあって、思いの外聴けてしまう。

David Byrneの「My Life in the Bush of Ghosts」(1981)にやや似ている?

 

B1. Blame The Weather (C)⭐️⭐️⭐️⭐️

マイナーコードによる曲で、やや物憂げな雰囲気。

珍しくピアノが入っている。エンディングで聴こえるジャズっぽいギターも趣味が良い。

コリンの曲の中でも良い曲で、アルバムに収録しても良かったのでは?

(その場合、"Fly On The Wall"を外すことになる、かな…

 

B2. Tissue Tigers (The Arguers) (A)⭐️⭐️⭐️⭐️

アンディが得意とするひねくれポップ系。

キャッチーなメロディやリズムが楽しい曲。

これこそアルバムに収録しても良かったのでは?

(その場合、"Melt The Guns", "Leisure", "Down In The Cockpit"のいずれかを外すことになる、かな…)

なお、Tissue Tiger というのは Paper Tiger(張子の虎、こけおどし)からのアンディ造語の様で、ティッシュの様にペラペラの虎、見掛け倒しといった意味なのだろう。

 

 

以上の通り、"Senses Working Overtime"以外の3曲も良い曲が並んでおり、この12インチシングルはレベルが高い。

 

 

しかも、頗る音が良い。

 

12インチ45回転ということで、音が濃密だし、それに加えて低音の鳴りが素晴らしく良い。

ベースやドラムの輪郭がくっきりとしていて、しかも跳ねる様に鳴る。

 

これ以上は望めまいと言えるほど、良い音だ。

 

 

そして、このジャケット。

Ken Ansell というデザイナーによるもので、イイ味出していると言うか、インパクト大だ。

 

f:id:Custerdome:20240704210154j:image

 

そしてこの Ken Ansell、何とこのジャケットも手掛けていた。吃驚。

 

f:id:Custerdome:20240704211632j:image

Oranges & Lemons / XTC【UK盤】

 

 

ということで、曲良し音良しジャケット良し

XTCのシングルの中で、これが一番だ。

 

 

 

 

まだ続くよ、XTC